チームバラエティーなblog

読んでの通りの日記です。WEB拍手の返事はここでします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『ゼノブレイド2』クリア。180時間なり


 『ゼノブレイド2』のエンディングを迎えた。
 メインストーリーを終えたということで、ストーリーの感想を浮かんでくるままに書いていこう。というか、寝る前に書いてブログを更新したものの、起きてから読み直すと、非常に下手クソな文章だったので書き直す。

 遙か昔、人類は天空までそびえ立つ世界樹に暮らしていた。
 なんらかな原因により、人類は楽園を追放されてしまい、アレスという巨神獣の上で暮らすようになる。そのアレスの寿命も、もうすぐ尽きようとしている。
 という世界観は中々良かった。
 SFC時代の『ファイナルファンタジー』や『グランティア』のような新世界を冒険するような楽しさを感じられた。
 全体的なプロットは王道中の王道の冒険活劇なので悪くはない。

 ただ、料理が悪かった。

 レシピ通りに適当に作ったというか、調味料が抜けているというか、見た目は美味しそうなのに、口にしてみたら不満だらけ、になってしまう。
 
 主人公レックスとヒロインのホムラに最後まで感情移入できなかった。
 この二人は、昭和を感じさせるキャラクターであるのかもしれない。
 というか『銀河鉄道999』の鉄郎とメーテルを、ギャルゲーに持ってきたようなものだ。楽園に行くと言う設定は、『天空の城ラピュタ』のラピュタを目指すパズーとシータともいえる。
 けれども、シータはメーテルである。
 ボーイ・ミーツ・ガールでいう少女ではない。
 無駄に大きな胸に、料理が上手で、最初から好感度マックス。
 出会ったばかりのレックスに膝枕をしてあげる、思春期の性欲を刺激されるキャラクターだ。
 ヒロインというより母親である。
 それなのに、「母親」という役割の他に「恋人」まで付けるものだから違和感しかなかった。
 ホムラの別人格(というか本当の人格)であるヒカリが、レックスに好意を抱いている理由もさっぱり分からない。ショタコンなのか。
 そもそも、ホムラ&ヒカリの二重人格設定って必要だったのだろうか。ヒロインが2人に分かれたことで、ヒロイン要素が下がってしまい、ニアの方がヒロインであり、ボーイ・ミーツ・ガールしていた印象がある。
 ヒカリがホムラを受け入れて、一つになるのはまだしも、分離するなんてご都合的どころじゃない。
 設定的におかしいだろう。ギャルゲーの世界である。感動もシリアスも台無しだ。全てが茶番だ。なんだこれは。レックスがホムラから命を分け与えた設定も、どっかいっちゃったじゃないか。
 エンディングロール後のタイトル画面は、レックスが二人の恋人を手に入れている風景となっていて、正直いって気持ち悪かった。
 「ホムラ」と「メツ」が入れ替わったら?
 というネタがあるけど、そっちのほうが友情要素が強くなって、面白くなったんじゃないかと思ったりも。

 レックスについても、高橋哲哉氏は「なろう系」の主人公を避けたかった。
 とインタビューで答えていた。
 蓋を開けてみると、ホムラという天の聖杯の存在で能力チート。ヒロインにモテモテ。みんなレックスのことを持ち上げる。ピンチになると誰かが助けにくる。戦略性もなく感情論でごり押して勝利。鈍感要素もある。
 とバリバリの主人公補整の入ったなろう系主人公だった。
 ゼノブレイド1では、パーティーの活躍のバランスが非常に良かったのに、今回はレックスだけが活躍、もとい出しゃばっていた。
 おかげで仲間意識がない。金魚の糞のようにぞろぞろと集まる、セリフがあるだけの存在感だった。
 結局、戦いの最後はレックス&ホムラが決めるムービーが入るので、この二人だけでいいじゃん、となってしまう。
 レックスは、熱血漢だけど、サルベージの仕事をして故郷に仕送りをするしっかりもので、常識的な所があるから空気は読める。
 悪く言えば、みんなの幸せを考えているようで、自分しか見ていない。大人に綺麗事を並べた説教をする。
 良くも悪くも成長しないキャラクターだった。

 じっちゃんは、ホムラやメツと面識があるし、アルストの様々な事を知る知識人なのに語らなすぎ。ニアも、元はイーラのメンバーだったのだから、イーラという組織はこれこれこうでと情報を教えたほうが良かった。
 アルストの設定についての説明は長々とするけれど、そういう肝心な説明は足りていない。なのに回想シーンを入れて、レックスたちが知り得ない情報をプレイヤーに与えている。
 ホムラ&じっちゃんは、案内人的な役割を積極的にした方が、ゼノブレイド2の世界観に入りやすくなったのではないか。

 ストーリーの不満点は多いけれど、「面白かったか?」と聞かれたら「すごい面白かった」と答えてしまう。Amazonで星評価するなら4つか、不満点を並べて5つにするかだ。さすがに1つはない。
 サブクエストやレアブレイド集めはまだおわっていない。来年はDLCだってある。まだまだ、ゼノブレイド2を楽しめそうだ。
 
 昭和のおっさんのノリの古いギャグセンスは、人によっては寒いだろうけど、私は好きです。

 ちなみに私にとっては、
 ゼノブレイドクロス>ゼノブレイド2>ゼノブレイド

 だった。ストーリーは薄味だったけど、クロスの圧倒的なフィールドは感動的だった。
 次回はクロス路線でお願いします。


拍手だよ
↑拍手だよん。ポチってくれると嬉しいんだよ。

拍手レス
>>笑いそうというか爆笑寸前じゃないっすか。
>https://www.youtube.com/watch?v=hdawHAxWHIs

 みんなが止めなければ爆笑しとるやん!

>>ダイヤちゃんに土下座しなされ。
>既に済ませていた俺チカに隙はなかったチカ(´,,・ω・,,`)

 謝罪が足りんで(`・ω・´)

>事後やないかい!
>(*> ᴗ •*)ゞ「千歌ちゃんに『曜ちゃんは自分がどれだけえっちぃか自覚できてない』っておしおきされちゃったヨーソロー」
 おしおき(意味深)

>>まだだ、まだ足りぬ!
>※主人公です。
>https://pbs.twimg.com/media/DEgSL74V0AAq0rM.jpg
 モブAじゃないのか……。

>从c*•ヮ•§「クリスマスにプレゼントをもらったのだ」
>http://kotori-plus.com/wp-content/uploads/2017/12/CtpWZeL.jpg

 ちょっw アニメ絵そっくりでこれはインパクトあるw

>この一枚に全員が揃っているという事実
>http://livedoor.blogimg.jp/sukufesu/imgs/8/7/871216f1.jpg

 奇跡の一枚。

>一年生組
>http://chara.lovelive-matome.com/imgs/love04/201712/ririyoha03.jpg

 恍惚ヨハネさまにジト目w

>りんぱな
>https://blog-imgs-116.fc2.com/t/a/k/taketoriokina67/jSrYBj7.jpg

 かわいいにゃー。

>ちかっち
>http://kotori-plus.com/wp-content/uploads/2017/12/GaKZUbB.jpg

 アホっぽいぞw

>島本和彦氏がまたコミケでラブライブ!本を出すらしい件。
>なお、ガルパン本も一緒に出す模様

そういや島本和彦氏の『炎の転校生』がNetflixオリジナルで配信中っす。実写だし、ジャニーズだしで、観てませんけど。

>【超朗報】『ラブライブ!サンシャイン!!』の劇場版が製作決定
 予 想 通 り !
スポンサーサイト

| 未分類 | 23:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT