チームバラエティーなblog

読んでの通りの日記です。WEB拍手の返事はここでします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

残すはシビル・ウォーのみ


 マーベルヒーロー映画を2作品、Huluで『アントマン』、Amazonビデオでレンタル100円セールで『デッドプール』を観る。
 同じマーベルであるものの、アントマンはアベンチャーズ、デッドプールはX-MENの方だったのですな。
 立て続けにアメコミのマーベルヒーローの実写映画を観ているけど、日本のアニメの実写化のようなチャチさは一切ない。今や実写とCGの区別がつかなくなっている技術力と、それだけの金を使えるからだろう。
 デッドプールは「低予算」だと主人公が言っていたけれど、それでも日本アニメの実写化の何倍も使っている。
 そのクオリティーは観ている者を恥ずかしくさせることがない。
 羨ましいことだ。
 立て続けにヒーローアニメを観ているけど、ストーリーに関してはどれも似たようなもの。
 主人公がヒーロー化、ヒロインとイチャイチャ、ヴィランを倒す、他作品のヒーローが登場する、ハッピーエンド。
 どれもテンプレ通りだ。
 『デッドプール』はネタ発言や下ネタを飛ばすハチャメチャなキャラクターであるものの、ストーリーは安全圏内なもので、テンプレートから外れることがない。キャラ的に、テンプレから外れても良かった気がする。
 ヒーローを変えただけの水戸黄門というかディズニーのようだというべきか、連続でみたら「結局どれも同じじゃないか」となってしまった。
 良く言えば余計なことをしていない。誰が観ても、どの作品をみても、同じラインで楽しめる。その安心感も、人気の理由かもしれない。
 個人的には『アントマン』が面白かった。ミクロの決死圏など、小さい世界の魅力を感じていた人には溜まらない。ヒロインはありんこっすな。アントマンを一生懸命に支えていてめっちゃ可愛いっス。
 しかし、マーベル映画のレビューは「吹き替えが酷い」で星1つが多いのも、またテンプレになっているな……。
 


拍手だよ
↑拍手だよん。ポチってくれると嬉しいんだよ。
スポンサーサイト

| 未分類 | 23:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT