チームバラエティーなblog

読んでの通りの日記です。WEB拍手の返事はここでします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ゆりゆりと鬼平


 寝る前のストレッチの時に1日1話ずつ観賞していた『ゆるゆり さん☆ハイ』が最終話を迎えた。ちなみに、Netflixでは最終話での京子ちゃんの顔が消えるミスは修正されてあった。
 制作会社が変わったことで、雰囲気も随分と違うものになっている。
 1、2期はギャグ色が強かったけど、3期はタイトル通り『ゆるゆり』なもの。尖った所が丸くなり、あかりの不憫さも消えて、雰囲気を大切にした丁重な作品になっている。
 生徒会長のサイエントわらしべ長者が、お気に入り。このアニメの良さが上手くでた話だった。
 はじまりの「あっかり~ん」が無くなったのが残念なものの、原作らしさは3期のほうだろう。背景が綺麗なので、新しいモニターとの相性が良かった。
 1、2期は当たり外れがあったけど、3期は全話バランスが良かった。悪くいえば、良くも悪くもないので印象が残らない。
 3期の方が好きだけど、1期が3期と同じノリだったなら、『ゆるゆり』はこんなに続かなかったのではないか、と思ったりした。


 プライムビデオ『鬼平』を2話まで観賞する。
 思ったよりも悪くない。というかかなり良い。ED曲に由紀さおりを起用とはにくい。アニメならではの過剰な演出はせず、鬼平犯科帳の世界を再現している。ここまで本格的な時代劇アニメは他にないのではないか。別の言い方をすれば、実写で十分な物語なのである。
 ただ、実写だとコスト的に時代劇を作れなくなってきている現在。わざわざセットを作らず、絵によって表現できる、アニメという世界で時代劇をやった方がお金がかからず、本作的なものを作りやすいのかもしれない。
 物語はOP、EDを抜いたら20分ほどしかない。1話完結なので尺が足りない。ダイジェストになってしまっている。
 その分、池波正太郎のストーリーが浮き出ているので、その上手さに舌を巻く。いまだに読まれている名作だけあって、どの話も素晴らしいものだ。
 とはいえ、ジャニーズのアイドルが演じたような鬼平の姿は違和感がある。私はドラマと、さいとう・たかをのマンガ版にふれてないので比較しない。できない。
 原作のみの私でも、イメージからかけ離れてしまっている。
 鬼平には見えない。新しい鬼平とも思えない。
 アニメ版を観たから『鬼平犯科帳』が分かるのではない。だけど、原作の面白さを伝えるのに十分な出来である。
 『鬼平犯科帳』の、そして池波正太郎の入門として良いアニメだ。
  
 パソコンのモニターを買い換えて正解だった。画面がチカチカとしないので、すっげー観やすい。
 最近、頭痛が起きていたのはモニターの影響だったのかもしれないな……。

拍手だよ
↑拍手だよん。ポチってくれると嬉しいんだよ。


拍手レス
>10ハラショー
>http://chara.lovelive-matome.com/imgs/love02/1606/16/ar20.jpg

 エリーチカまじチカチカ。

>よーちゃん
>http://ラブライブ・スクフェス.com/wp-content/uploads/2016/10/Yc21wJQ.jpg

 千歌ちゃんとキスすることを考えている顔ですな。

>一緒にいてやんよ(`・ω・´)
>http://blog-imgs-100.fc2.com/t/a/k/taketoriokina67/Y9XVfXY.jpg

 みんなと一緒にいられたらいいな♪
 つまり、ことりちゃんはハーレムを希望とのことですね。

>あらやだかわいい
>http://kotori-plus.com/wp-content/uploads/2017/01/wpid-vRULvRS.jpg

 監視どころか書き込んでもいそうだw

>ホノカチャン!
>http://i.imgur.com/0yz1PND.gif

 京極うううううううっ!

>千葉怖い(´;ω;`)
>https://twitter.com/N_Raiha/status/827772163302182912

 千葉は怖くないっスよと言いたいけど、学生のころ千葉駅周辺を歩いていたら、宗教の勧誘がうっとうしいほどやってきたのを思い出す。

スポンサーサイト

| 未分類 | 23:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT