チームバラエティーなblog

読んでの通りの日記です。WEB拍手の返事はここでします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

セール買い


Kindleで文藝春秋がポイント半額還元セールになっていた。半年に1回ぐらいにやってくるこのセール。待っていましたよ。
 とはいえ、今回の半額ポイント待ち本は、1冊が結構高いので悩んでしまう。だからこそ、半額の時に買うんですけどね。
 まずはスティーブン・キングの『ミスター・メルセデス』。
 合本版もあるのだけど、表紙が文字だけという地味さである。キングの本は表紙も好きだし、値段は変わらないので、上下巻で購入する。4000円近くするのが2000円ほどになるのだから、ありがたいことである。文庫の『ジョイランド』が電子書籍になってないのは何故であるか。
 次はピエール・ルメートル『傷だらけのカミーユ』。数多くのミステリー大賞の翻訳部門でを1位を取った『その女アレックス』の続編。
 この3冊で2400ポイントほどとなる。
 ポイントが付くのを持ってから、2400円のデェフリー・ディーヴァー『煽動者』を購入。
 それで付いたポイントは1200円なり。
 ディーヴァーは、ライムではなくキャサリン・ダンスシリーズ。これはミステリー要素としてはディーヴァーの才能を発揮しているものの、ライムの私生活がハーレークイン化しているのが欠点だ。2人の男が求愛してきて「どっちにしようか悩んじゃう」なロマンスなんて好きじゃないのだよ。正直、買おうか悩んでしまったけど、半額で1200円ならば買って損はない。
 3作品とも、積んだりはせず早くに読むだろうし、12月の読書はこれで決まりである。
 村上春樹の新作もポチろうか悩んでしまうな。

 百合ライトノベルの『安達としまむら』の2巻を読了した。
 日常系に等しく、安達の心は恋する乙女的に揺れ動くけど、物語としての変化は殆どない。まったりだ。丁重な文章で、ニヤニヤとさせてくれる。これは、活字だからこその堪能できる百合であり、アニメ、マンガでは出来ない表現だ。4巻まで購入済みだけど、読み終わったら、5、6、7と買ってしまいそうだ。
 このような作品が書きたくなってくる。
 というか、『禁煙キッス』の続編が、似たタイプの心理描写を淡々とさせた日常系だから、良い後押しになってくれた。
 気まぐれで連載していこうかな。


拍手だよ
↑拍手だよん。ポチってくれると嬉しいんだよ。

拍手レス
>>おお、お正月にやるとはNHKやりますな。
>12月には2期も再放送されるんだぜ。(`・ω・´)

 まあ、私は見るとしてもHuluでしょうけどねw

>実にエレガント
>https://twitter.com/NISHINOB/status/799244014671183873

 かっこいいなw

>テンション上がるにゃー!>ω</
>http://i.imgur.com/tSa80zo.gif

 アクション映画スターになれる激しい動きニャー。

>ほのほのしてきた
>http://livedoor.blogimg.jp/schoolfestival/imgs/3/4/34c627fa.jpg

 あら、いいじゃない。

>あら^~
>http://blog-imgs-100.fc2.com/t/a/k/taketoriokina67/wjkvx8i.jpg

 なにこの幸せな解決法はw
スポンサーサイト

| 未分類 | 23:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT