チームバラエティーなblog

読んでの通りの日記です。WEB拍手の返事はここでします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「テレビドラマ」でも「映画」でもない「Netflixオリジナル」の『火花』


 Netflixオリジナルドラマ『火花』最終話まで観賞。
 ラスト2話は泣いた。日本のドラマで素晴らしいと思ったのは久しぶりだ。大抵のドラマは、観ているこっちが恥ずかしくなるほどの、わざとらしい演出と演技で、数分で消してしまっていたからなあ。
 映画のクオリティーを10話に渡ってじっくりと描写した名品だった。
 民放のドラマだったなら、ラストの2話(特に、神谷のボインな姿)を改悪したり、徳永の元バイト先の女の子との恋愛を入れたりと、台無しにしただろう。
 売れない芸人である徳永が、先輩芸人の神谷に一目惚れをする。弟子となって、神谷のお笑いの哲学を学んでいき、テレビに出演できるまでの芸人へと登り詰めていく。
 栄光と挫折の10年の物語である。
 あらすじを書くと、こんな感じだ。
 芥川賞を受賞したお笑い芸人の又吉直樹氏は、徳永のような芸人たちを山ほど観ていたのではないだろうか。特定のモデルがいるわけではないが、先輩、同期、後輩、一人一人がモデルになっていると感じられた。
 徳永のお笑い芸人の人生は挫折で終わった。
 けれども、彼にも夢を叶えるチャンスはあった。ドラマの中で、彼がテレビ出演をし、レギュラーを獲得できる機会があった。
 それを徳永自身が、無意識のうちに潰してしまった。
 師匠の神谷は、人間としては最低だろう。お笑いの天才というわけではない。だけど、笑いの実力はあったし、24時間お笑いについて考え続けていた。彼の奇抜な行動は「何かするんじゃないか」と期待させられる何かを持っていた。少なくとも落ちぶれるまでは、その期待に最低限レベルで応えられていただろう。
 神谷を演じた波岡一喜さんは、凄そうに見えながらも、小者でしかない男を上手く演じていた。
 徳永の芸は、師匠である神谷の存在によって磨かれていった。
 順調に人気を獲得し、高い家賃のマンションに暮らし、弟子ができるまで登り詰めていった。
 それは神谷と同じラインに立ったということである。
 そこまでは良かった。
 だけど、それ以上の高みを登ることにブレーキがかかった。
 彼にとっては、夢を叶えることより、師匠を超えることの方が恐ろしかった。弟子は師匠を超えてはならない。神谷以上のお笑い芸人になってはいけない。自分より下になった師匠なんて見たくない。
 神谷とかつての神谷の恋人のような女性と一緒に鍋を食べる9話での涙はほんと辛い。5分ちかく徳永がアップで泣くシーンである。民放のドラマなら絶対にありえない演出だ。あれは良く撮ったなと感心するし、自然体で泣いている林遣都氏も素晴らしい。
 涙といえば、ラストライブで、相方の井下好井氏の泣きながら漫才をするシーンも素晴らしかった。思わず、もらい泣きしてしまった。
 「映画」でも「テレビドラマ」でもない「Netflixオリジナル」として世にでた『火花』は幸せな作品だ。
 原作を読んだわけではないけど、これ以上にないほど原作の魅力を惹きだした名作となっている。
 Netflixは、他にも日本のドラマを用意しているのだろうか。今から次が待ち遠しい。
 あ、ステラハウスのようなバラエティーは苦手なんでスルー。

拍手だよ
↑拍手だよん。ポチってくれると嬉しいんだよ。

拍手レス
>>明日には全話見終わりそうだ
>次は「ラブライブ!」一期と二期と劇場版かな?(すっとぼけ)

 前向きに検討します!
 コードギアス2期も悪くないっすね。

>>そういや曜ちゃんの部屋が映っていたシーンにあった写真が、千歌ちゃんの写真ばっかでしたね。しかも隠し撮りしたような。
>なにか問題でもあるんですか。(半ギレ)

 問題あるなんていってないじゃないですかっ!

>>くぎゅううううううううううううう!
>梨子ママは水樹奈々様です。(`・ω・´)

 ママライブもできますな!
 
>>どこに食の部分があるのだろうか。
>そこに3つのガムが置いてあるじゃろ?

 貢ぎ物はガムですか?

>>あの子は幽霊のように消えたので、なにかあるような気がしたけど、なにもないのかもしれない。
>ラブライブ!の世界の人々は瞬間移動がデフォルトで使えるのであの子は幽霊ではないです。(平然と嘘をつく人間のクズ)
>ちなみにエリチカの妹の亜里沙はココアさんで、劇場版でもモブ役でリゼちゃんが出演している件。ラビットハウスの3人がいるということは、つまり「ご注文はうさぎですか?」は「ラブライブ!」と同じ世界での出来事である可能性が微レ存…?(錯乱)

 ご注文はラブライブですか??

>>ヨハネさまマジかわいい。
>でも善子なんでしょう?(無慈悲)
>https://i.ytimg.com/vi/NpicUGG_lZQ/maxresdefault.jpg

 ヨハネさまはね、善子ってゆーんだほんとはね♪
 だけど堕天使だからじぶんのこと
 ヨハネってよぶんだよ♪
 かわいいなヨハネさま♪

>なきゃスクールアイドルなんてやれないもんね、うん。
>自信をもって一生懸命やるからこそ、頑張ってる人はキラキラ輝いてるのだ。(`・ω・´)

 君の心は輝いてるかい!

>>さすがシン・アスカさんのガンダムだぜ!
>なお、最終話で前作主人公の勢力にボロ負けした模様。(´;ω;`)
>http://www.nicovideo.jp/watch/sm22988471

 かわいそうな主人公(´;ω;`)

>あら^~
>http://kotori-plus.com/wp-content/uploads/2016/09/wpid-PORxBf7.jpg

 イケメン主人公w これが壁ドンだったら一撃でしたね!

スポンサーサイト

| 未分類 | 23:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT