チームバラエティーなblog

読んでの通りの日記です。WEB拍手の返事はここでします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Kindle Unlimited


 本日(3日)よりKindle Unlimitedが始まった。
 月に980円で12万冊もの本が読み放題のサービスである。ダウンロードできるのは10冊まで。11冊目の本をダウンロードしたければ、一冊の本の利用を終了しなくてはいけない。
 つまりは10冊まで貸し放題の図書館といったところだ。
 なので、いつでも読みたい本や手元に置いておきたい本は、Kindle Unlimitedではなくて、買ったほうがいい。それがアマゾンの狙いなのだろう。
 10冊までという上限は、最初はガッカリした。だけど、何百冊とダウンロードできるのは積ん読状態となってしまう。この方が、ちゃんと読む。買うよりも良いかも知れない。
 ラインナップをみると、コンテンツは出版社のやる気次第となっており、充実しているようなしてないような、微妙ではないが豪華でもないという、半端というかマニアックなものとなっている。
 なにせ、一番多いのが「フランス書院」というね。
 官能小説に困ることがないものの、問題は「ライトノベル」「小説」の項目に官能小説が入ってしまっている。エロ系はちゃんと分けて貰いたいところだ。
 百合姫コミックスがかなりある。『ゆるゆり』は全巻読めるのではないだろうか。全巻買えば1万円近くするからかなり得である。私はスピンオフの『大室家』2巻をダウンロードしました。
 百合姫の一迅社以外にも、芳文社のコミックスもある。ここは一冊が800円もするので持っている本は少ない。やっと『ゆゆ式』の原作を読むことができる。『三者三葉』『落花流水』もあるのはありがたい。
 小説系は『光文社古典新訳文庫』が充実している。後は古い翻訳ものを出版している『グーテンベルク21』が揃っている。
 創元社は結構あってありがたい。
 私としては、早川がないのが残念だ。
 小学館はまあまあある。集英社、角川はゼロだし、講談社、新潮社などの大手出版社はちょっぴりある程度である。岩波は当然のようになし。大手は自分たちがやるからスルーなのかもしれない。
 片寄ってはいるんだけど、片寄っているなりの読みたい本が充実している。
 少なくとも、月一冊無料で読めるオーナーライブラリのようなしょぼいコンテンツではない。980円は十分元が取れる。 
 すでに、10冊近くの百合姫とノンフィクション本を読んでいる。買えば5000円以上しているのだから、お得である。
 欠点といえば、すでに購入していて積んだの本がかなりあるということだろう。買わなければ、何万円と浮いたことだろうに……。



拍手だよ
↑拍手だよん。ポチってくれると嬉しいんだよ。

拍手レス
>>ラブライブサイシャイン
>ラブライブ!サンシャイン!!ダルルォ!?(激おこ)

 細かいことは気にすんな! 

>>機動戦士ガンダムSEEDは何周もしている気がしたんでw
>なお、機動戦士ガンダムSEED HDリマスターも購入決定した模様。

 あれ、DESTINYが続編でしたよね。前期の方は持ってなかったのですか。

>>というかバーの男はなんなんだw
>シャア・アズナブル(「坊やだからさ」Ver.)の等身大ふぃぎゃーやで。(´,,・ω・,,`)

 分かるんだけど、写真では彼に見えなかったんですよw

>8/3は高坂穂乃果さんの誕生日なので、全力でほのほのせざるを得ない。(`・ω・´)
>http://lovelivepress.com/blog-entry-10322.html

 表情豊かな子っすなあw

>お土産買ってきたった。
>http://p2.upup.be/O2ey4kpzLT

 ごちになるっス!

スポンサーサイト

| 未分類 | 23:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT