チームバラエティーなblog

読んでの通りの日記です。WEB拍手の返事はここでします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『ゴジラVSビオランテ』


『ゴジラVSビオランテ』
 ガキの頃に友人と観にいったゴジラである。私にとって初めて劇場でみたゴジラ(というか年齢的にその前は不可能)なので非常に思い出深い作品である。
 実のところ、それ以来『VSビオランテ』を観たことがなかった。wowowで放送してDVDでダビングしたけれど、結局は観なかった。何故か忘れたけど、途中で止めたのを覚えている。
 改めて観ると予想通りというべきか、自分のイメージしていた『VSビオランテ』とはぜんぜん違うストーリーだった。
 思い出補正だった……というほど酷い出来ではない。
 その逆だ。
 1作目からゴジラシリーズを見続けて、やっと怪獣着ぐるみプロレスバトルではない、本格的な怪獣映画を観ることができた。
 そうだよ、これこそが観たかったゴジラなんだよと、叫びたくなってくる。
 平成ゴジラの中どころか、シリーズ最高傑作だろう。
 この作品。
 ビオランテよりも、VS自衛隊色のほうが強い。
 超能力やスーパーXなどのSF要素はあるものの、
 「巨大怪獣が日本に攻めてきたらどう対処するか」
 をシミュレーションしたストーリーは、平成ゴジラ第一作の『ゴジラ』よりも上手くできている。
 その後の平成ゴジラシリーズより、平成ガメラシリーズに通じるものを感じられた。
 最新作の『シン・ゴジラ』は、この路線だと聞いているので楽しみだ。
 ビオランテは姿こそカッコイイ。
 だが、リベンジバトルでの超雑な登場シーン。
 最後に天に昇っていくシーンでの「顔」が余韻を台無しにしてくれる。
 怪獣バトルの後に人間のアクションシーンがあるのも、メインイベントの後に素人バトルを観させられているような気分だ。
 「顔」の後にこれなので、余韻がさらになくなってしまう。
 意外にも良かったのは、
 「勝った方が我々の敵になるだけです」
 など、いいセリフが多かったことだ。
「薬は注射より飲むほうが効くぜ、ゴジラさん」
 の峰岸徹のキャラクターは、主役(人間の)を食うほど最高に良かった。というか、このセリフ、ニコニコ大百科の記事になって吹いたぞ。
 この作品の一番の味は会話かもしれない。
 Huluでゴジラシリーズを全作品観た後、改め『VSビオランテ』を観るとしよう。思い出補正もあるけど、改めてみても、やっぱりこの作品のゴジラが一番好きだ。

拍手だよ
↑拍手だよん。ポチってくれると嬉しいんだよ。

拍手レス
>>そこにおヘソがあるんだから、ツンツンしなきゃ失礼でしょうが!
> __[警]
>  (  ) ('A`)
>  (  )Vノ )
>   | |  | |

 婦警さんにコスプレしたうみにこのオヘソをツンツンできるなんてなんてご褒美!

>ハウステンボスの熱いネーデルガンダム推し
>http://www.huistenbosch.co.jp/event/gundam/nether-gundam.html

 なんだこのダsai……げふんげふん! ガンダム風車なんて凄いカッコイイっすね!

>あら^~
>http://blog-imgs-96.fc2.com/y/a/r/yarakan/Cnk5Ot5VMAANChU.jpg
>http://blog-imgs-96.fc2.com/y/a/r/yarakan/Cnk5OuEUkAAvVVf.jpg

 最高すぎる。こういうの好きw
 保存しました、ありがとう。

>のんたんきゃわわ
>http://ラブライブ・スクフェス.com/wp-content/uploads/2016/06/hira112106.jpg

 おっ、奥さん!

>なんかンミチャーの中の人が叶姉妹と対談したらしい件。
 ちょっとコメントに困るなw

スポンサーサイト

| 未分類 | 23:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT