チームバラエティーなblog

読んでの通りの日記です。WEB拍手の返事はここでします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』



 タブレットのWOWOWオンデマンドのアプリをみたら『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』があったので観賞した。
 2015年アカデミー賞受賞作品である。
 本人役ともいえるほど境遇が似ているマイケル・キートンが主人公。
 全編1カット風の演出。
 業界を皮肉ったストーリー。
 と、面白さよりも業界的にアカデミー賞を受賞したという作品だった。黒人奴隷を扱っているから受賞したといえる『それでも夜は明ける』と似ている。
 全編1カットの長回しといっても、数日間の出来事であり、別にリアルタイム進行しているわけではない。それに長回しではなく長回し「風」である。過剰演出になってしまい、作品と合っているように思えなかった。
 この手法は『ゼロ・グラビティ』のほうが凄かったのもある。撮影監督は同じなので、似ているのも当然なのかもしれない。
 エマニュエル・ルベツキは『ゼロ・グラビティ』『バードマン』『レヴェナント: 蘇えりし者』で3年連続撮影賞である。
 監督よりも凄い才能なのではないか。
 ジャズドラムのBGMはうるさかった。私は好きになれない。
 マイケル・キートンも、『バットマン』でジョーカーのジャック・ニコルソンに食われたように、エドワード・ノートンの快演に食われてしまった感じがする。これは『バッドマン』を意識して、あえてそうしたのか。そういえば、エドワード・ノートンも『ハルク』というヒーローものをやったけど、幸か不幸か、まったく芽が出なかったなあ。
 私としては、観客の想像に任せる、どのようにも解釈ができるエンディングは好きでない。
 明確にしないことで、ハッピーエンドにもバッドエンドにも見えてよう演出するのは、ごまかしだと感じている。
  ここ10年、アカデミー賞は、映画史上に輝く名作として受賞したのは少ない。
 良かったのは『英国王のスピーチ』『アーティスト』『スラムドッグ$ミリオネア』かな。
 ワースト1は『ディパーテッド』。なぜに劣化リメイクを受賞させたんだ。
 Netflixをみたら、『それでも夜は明ける』『アルゴ』『英国王のスピーチ』『アーティスト』『スラムドッグ$ミリオネア』『ハート・ロッカー
』『ノーカントリー』『ディバーテッド』『ミリオンダラー・ベイビー』と揃っている。
 ないのは『クラッシュ』ぐらいだ。改めてアカデミー賞受賞作品を観てみるのもいいかもしれない。


拍手だよ
↑拍手だよん。ポチってくれると嬉しいんだよ。

拍手レス
>>そうなのか。個人的には残念……。
>http://livedoor.4.blogimg.jp/nizigami/imgs/b/2/b2f950cc.jpg

 ヽ(゚∀゚)ノ 

>>だがこ……まあ、観ようとしても忘れると思うw
>録画機器「チラッチラッ」

 それでも忘れると思うんだ。あと、Gレコのように溜まりに溜まって面倒くさくなりそうだし。

>え?
>にこ「何よその反応は!?」

 えええ?

>分からざるを得ない。(錯乱)
>https://twitter.com/nise_nanoha/status/711446482503671808

 ことり無双w

>このあずにゃんはニセモノだ。ペロペロできないよ。
>http://41.media.tumblr.com/a773385bc2ad23488708ab6e24797215/tumblr_mmhh0hbiRM1rthmc1o1_500.jpg

 絵柄のせいだろうか、あんまりかわいくな……いや、なんでもないです。

>【速報】俺氏、「コードギアス 亡国のアキト」1~4巻を購入
>なお、クッソ面白かった模様

 そういえば、2期をまだ観てないなあ…。

>伝えよう、スクールアイドルの素晴らしさを!
>http://www.nicovideo.jp/watch/sm28457326

 只今ニコ生放送中のラブライブ全曲のほうを貼ったのかと思ったw
スポンサーサイト

| 未分類 | 23:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT