チームバラエティーなblog

読んでの通りの日記です。WEB拍手の返事はここでします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

1970年代の邦画のパワーに魅了させられる怪作



 映画『人間の証明』
 Amazonプライムでの観賞。
 ストーリー自体は、1時間もせずに作れそうな火曜サスペンス的なものだけど、松田優作、鶴田浩二、三船俊郎、ジョージ・ケネディと出てくる人の大半が超豪華なキャスト(亡くなられる人が多いなあ……)であり、ファッションショー、NYロケなど予算をふんだんにかけた大作である。
 犯人告白シーンの「泣かせ」のごり押しはすごいものである。『砂の器』を意識したのだろうか。上手くいってない、ハチャメチャなものになっているけど。
 1970年代の凄まじいパワーを見せつける傑作というよりも怪作であった。
 しかし、監督をした佐藤純彌氏は『新幹線大爆破』という傑作を生みながらも、『北京原人』という日本映画史上最珍作を撮ったりと、ヘンな監督だなあ。この作品もそのヘンさがかなり出ていた。
 せっかくですので『北京原人 Who are you?』もプライム入りお願いします。


拍手だよ
↑拍手だよん。ポチってくれると嬉しいんだよ。

拍手レス
>初めまして、お久しぶりです。昔ここに入り浸っていたものです。ふと思い出して再びここに来て当時のように「強盗」を読んでクスリと笑い、「夢を追おうと、追うまいと」でちょっとした勇気をもらい、そして何よりも折坂さんの小説の良さを再実感しました。また応援させていただきます!
>それとこれは勝手なお願いなのですが、個人的に「夢はなくてもプレイボール」が凄く印象深くて、叶うならばもう一回読んでみたいです。是非とも気分が向いた時に再掲載お願いします m(_ _)m

 うわっ、どうもありがとうございます。びっくりしましたw
 今や殆ど更新してないサイトですけど、最近は地味に小説の執筆を再開しています。といいますか、すごいヤル気が出てきたので、本当にありがとうございますw 
 『夢はなくてもプレーボール』は、私にとって思い入れのある作品ですので、後半の展開と結末を変更した修正版を「小説家になろう」に置こうと思いながらも、そのまま放置しちゃってますね。たしか、100ページぐらいまでは修正作業をしてたんですけど、いつの間にかうやむやに。
 1000文字小説をなろうに置いた後に、その作業に入るかもしれません。
 古いのはまだサイトに残ったまま……と思ったら消しちゃったみたいで、ページが見つかりませんでした。
 小説データのほうは持ってますので、それで良ければ、受け取ってください。私としては、過去の作品を見せるのはかなり恥ずかしいですがw
 http://www.geocities.jp/ba_ra_naheya/yumepure.zip
 ↑ダウンロードしてください


 
>>「Windows10にアップグレードしますか」と表示されたから、「あとで」をクリックしたらダウンロードされた件。
>小生のとこでも表示されたけど「×」をクリックしてダウンロード回避余裕でした。(ドヤァァァァァッ

 こっちも慌てて×を押しました。焦りますよね。

>>新ブキ
>ビームマグナムとかツインバスターライフルとかサテライトキャノンとか核兵器とかはないのかな?(ガノタ並感)

 その3つの似たような名前のブキを探してみたけど、意外にも見つからなかった件。

>>なにがガバガバなのかはあえて問うまい。
>そりゃもちろん私の記憶力とかッスよ。(´,,・ω・,,`)

 記憶力の悪さでは私のほうが酷いっスよ(´・ω・`) 

>>大晦日はラブライブで年越しっすね! そしてラブライブで新年っすね!
>まぁ大晦日前に見終わって別の事してるかもしれませんがね。

 別のこと……つまりガンプラ作りかガンダム円盤マラソンか。
 私は、執筆作業をしているかな。

>>キリッとした海未ちゃん、似合わなかわいい!
>笑顔の練習をするンミチャー(・8・)
>https://pbs.twimg.com/media/B9d8punCAAA-3tH.jpg

 あれ、海未ちゃんが二人……? って鏡かw

>>泣いてはいない。二人を襲うべく発情しているのだ。
>もうこれでいいや(投げやり)
>http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=36050671

 ことりちゃんが一番エロいw

>クオリティYABEEEEE
>http://blog-imgs-64.fc2.com/y/a/r/yaraon/1448675183808.jpg
>http://blog-imgs-64.fc2.com/y/a/r/yaraon/1448675908331.jpg

 ナニソレイミワカンナイの子がとってもいいっすね!

>わーお
>http://blog-imgs-64.fc2.com/y/a/r/yaraon/CU3mhqgUYAATDTi.jpg

 これはひどいw

>なんかワロタ
>https://twitter.com/kudakitsuneeee/status/670187675849068545/photo/1

 エヴァグッズとはわからないw

>なるほど、読んだことないけどこういう話なのか。
>https://twitter.com/numrock/status/670805553359253506/photo/1

 煉獄篇まで読んだ私に言わせれば、読んだところでさっぱり理解できなかったほど難解な文章です。

>ガンダムF91
>型式番号:F91
>登場作品:機動戦士ガンダムF91
>サナリィが開発した地球連邦軍の試作機。「フォーミュラ計画」の集大成であり、「現時点におけるMSの限界性能の達成」を目標としている。
>トライアル機であるF90のVタイプを基に新技術を多数導入し、当時のMSの中でも最高クラスの性能を有している。
>MSの小型化が進んでいたこともあってサイズは15m級であり、MCA構造と呼ばれる装甲に電子部品などを組み込むことで多機能化させる技術を使用して性能を保ちつつ内部の容積を激減させることに成功している。そのおかげで軽量化され、機動性が向上した。
>武器はビームライフルやビームサーベルといった従来と同じ物に加えて新たにビームシールドを装備し、さらに新型武器「V.S.B.R.(ヴェスバー)」も用意された。V.S.B.R.は「可変速ビームライフル」の略称で、ビームの発射速度を変化させることで貫通力や破壊力を高められる。
>頭部にはバイオコンピューターが搭載され、パイロットの技量に合わせて機体にリミッターをかける。これは熱に弱いという性質があり、冷却のために胸や肩にラジエーターや放熱フィンを備える。
>全リミッターを解除した最大稼働状態に移行できるのはニュータイプと呼ばれた人間だけと言われており、移行すると排熱のためにフェイスカバーの下からダクトが露出するようになっているが、それでも排熱が追いつかない場合は装甲表面の特殊コーティングが熱を持った状態で機体から剥がれる「M.E.P.E.(金属剥離効果)」が起こる。この時剥がれたコーティングはしばらくの間F91の姿を保ち、これが敵のセンサーを誤認させ撹乱するという副産物をもたらしている。このことから「質量を持った残像」とも呼ばれる。
>パイロットはシーブック・アノー。当初はバイオコンピューターの配線の仕方が分からず使えなかったが、彼の妹リィズが偶然あやとりの「8かけのつり橋」と同じことに気付いたことから実戦投入が可能となった。
>クロスボーン・バンガードとの戦闘では実戦経験が少ないにもかかわらず次々と敵機を撃墜する戦果を挙げ、最終的にはクロスボーンの司令官カロッゾ・ロナのラフレシアをも撃破してみせている。

 ガンダムF91でしたか。見たはずなのにまったく覚えてないです(´・ω・`)
スポンサーサイト

| 未分類 | 23:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT