チームバラエティーなblog

読んでの通りの日記です。WEB拍手の返事はここでします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

部分部分は良くても全体でみるとあれれな『シャーロット』


 『シャーロット』最終話観賞。
 テーマが不透明のまま終わりを迎えてしまった。
 主人公の乙坂有宇は、Key作品史上最もゲスいと言われるわりには、ゲスになったり、いつものkey主人公タイプに戻ったり(こっちのほうが多い)と、性格のバラつきがあった。意識しなくたって、ゲスでヘタレになったのだから、いつも通りでよかったのではないか。
 シリアスとギャグのバラつきも激しい。
 『Angel Beats!』でもAパートはギャグでBパートはシリアスへと急降下していたけど、今作品はそれ以上に大きかった。ストーリーの流れを考えずに、思いついたネタを料理せずにポンポン皿に盛り付けた感じである。
 見ているこっちは「ポカーン」としてしまった。最終話が終わったあとに「なんだこれ?」と呟いたほどに。
 有宇が最後の能力を奪って、ボウガン男にやられちゃうときに、ヘリコプターで兄貴が登場する絶妙なタイミングに笑ってしまった。というか、あんた、絶対に目が見えてるだろ。尺の関係でああなったのだろうけど、とんとん拍子で展開しているから、悪い意味でご都合的になってしまっている。
 部分部分で見れば、良いシーンがたくさんある。だけど、全体で見ると、流れの悪さに入り込めなかった。ラストも、そのシーンだけなら感動的で綺麗な終わり方なのだが……。
 ゲームの時も感じたけど、麻枝准氏は雰囲気を作るのは上手いのだけど、全体をバランスよくまとめる構成が苦手なのではないか。長所ではなく短所のほうが強くでてしまった『シャーロット』だった。
 

拍手だよ
↑拍手だよん。ポチってくれると嬉しいんだよ。

拍手レス
>>(゚皿゚)
>http://kusomueki.com/wordpress/wp-content/uploads/2014/08/20140903_kayochin.jpg

 (*゚∀゚)=3

>>その3分の2は読まないとしても……。
>いったい何のために買っているのか(困惑)

 端末の中にある本を見てニヤニヤするんですよ。
 読みたい本が、いつでも読める安心感もあるかもしれません。

>>コミック版ラブライブは、角川でも電撃コミックの方だったので、半額対象ではなかったです(´・ω・`)
>(´・ω・`)チッ

 ラブライブのコミックは、電子書籍だと570円ですね。
 あと、780円で、「μ'sのクリスマス」「秋の学園祭♪」やキャラクターの名前がタイトルの本がありますけど、これらはコミックではなさそうですね。
 
>5000円!
>(やばいチカ。500円って書こうとしてたのに間違えて0一個多く付けてたチカ。しかもよく見たら「,」じゃなくて「.」になってるから5円になっちゃうチカ。でも言わなきゃバレないはずチカ。俺チカとってもかしこいチカ)

 フィギュアは500円じゃ、サービス台かよほど運が良くなければ取れませんぜ。

>>「のぞえり」じゃなくて「うみえり」の間違いっす(てへぺろ♪)
>うみえりも割とメジャーな気がしないでもないような気がするカップリング。(`・ω・´)

 のぞえりよりは、メジャーでないから問題ない!

>【速報】物語シリーズ2作目「傷物語」公式サイトで謎のカウントダウン
>なお、2012年公開予定と言っておきながら3年が経過している模様

 このシリーズは、シャフト演出が苦手な私は見ることはないと思います……。
 プライムビデオで『ひだまりスケッチ』を見てますけど、地に足がついていないプロモーションビデオのような演出は合わないですね。

>>アンコール!アンコール!アンコール!
>http://www.nicovideo.jp/watch/sm25555017

 アンコール! アンコール! あんこ売る!

>新宿ピカデリーの「ラブライブ!The School Idol Movie」推しが凄すぎる件。
>公開初日から今でも上映しつづけてるとかマジパネェッス。(,,・◞◟・,,)

 まだやっているって凄いっすね。人も多そうです。毎日のように来ている方もいるのかも。

>【悲報】あと3ヶ月で2015年終了
 大丈夫。まだ3ヶ月ある!
スポンサーサイト

| 未分類 | 23:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT