チームバラエティーなblog

読んでの通りの日記です。WEB拍手の返事はここでします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

 『スーパーマリオメーカー』の時間泥棒っぷりよ。


 『スーパーマリオメーカー』の時間泥棒っぷりよ。
 あっという間に9ステージを作ってしまった。そのあっという間、という時間が7時間以上も消費してるんすけどね。夢中になってステージを作戦していて、時計をみてビックリとしてしまう、恐ろしきゲームである。
 テレビがなければ遊べないスプラトゥーンとは違って、ゲームパッドのみで遊べるのもメリットが大きい。いや、デメリットともいえるかもしれない。気軽に起動できるのはありがたいようで、麻薬のように危険であったり。暫くはマリオメーカー中毒となっていそうだ。
 作成したステージ紹介。
 

 タイトル通りである。やらなきゃメッチャ簡単ステージなんだけど、なぜかクリア率50%。


 こういう気持ちいいほうが、遊んでくれる人が多いようだ。「いいね!」もコメントもいただいて嬉しかったっす。
 最初は「クリボー」だったけど、ジャンプでクリアできちゃうので「トゲメット」に変更する。前バージョンを消そうとしたけど、遊んでいる人が多くいから、暫くはそのままにしよう。


 アスレチックステージっす。


 クッパ城ステージ。上と下の2ルートあるのが特徴。


 ボム兵でパックンフラワーを倒していくステージ。ほどほどの難易度を目指したけれども、クリア率が0というね…。
 
 説明書の『コース職人への道』にある、
 「初めてそのコースを遊ぶ人は、そのコースについて何も知りません。だからよくミスをします。ですが、だんだんと覚えていき、ミスをしなくなります。そうやって上手になっていけるコースが、マリオの基本的なコースです。
 自分で作ったコースのことを、自分は全部知っています。(中略)
 初めてそのコースを遊ぶほかの人は、そのコースについて、何も知りません。だから、迷うわキノコを逃すわ、敵にぶつかるわ、時間切れになるわ……。これでは、そのコースのことを覚えてくれる前に、その難しさから嫌になってもう遊ばなくなってしまうかもしれません。(中略)
 そのコースについて、何も知らない初めて遊ぶ人のことを考えて、覚えていくための余裕を持たせたり、あるいは見てすぐにどこをどう進めばいいのかわかる、そういうコースを作ることをおすすめします。

 は大事だな。
 特に「見てすぐにどこをどう進めばいいのかわかる」 は意識しなくてはいけない。
 「100人マリオチャレンジ」をやっていると、先が全く見えず、ダッシュジャンプすれば道が開けるのかすらわからないステージをよく見かける。先が分からないままジャンプしてマリオを1人犠牲にするのは嫌なので、-ボタンをおして別ステージに移動してしまっている。
 難しいステージを作るにしても、プレイヤーに霧の中を彷徨わせるようなコースにしないよう気をつけていこう。

拍手だよ
↑拍手だよん。ポチってくれると嬉しいんだよ。

拍手レス
>>そこにもあそこにもどこにもいませんで。
>フェストゥム「よろしい、ならば殲滅だ(`・ω・´)」

 受けて立とうじゃない;y=ー( ゚д゚)・∵. ターン

>>ペロペロ(^ω^)
>つhttp://lohas.nicoseiga.jp/thumb/4247037i?

 「男割りします」な真姫たんペロペロ(^ω^)

>「響け!ユーフォニアム」がニコ生で一挙放送…だと…?
 情報サンクスっす。最後まで百合だったらしいから気になるけど、見る時間はないw

>「Wake Up, Girls!」劇場版のBD・CDジャケットがアレな件。
>http://blog-imgs-64.fc2.com/y/a/r/yaraon/1441838212238.jpg
>http://blog-imgs-64.fc2.com/y/a/r/yaraon/block1.jpg

 えっと、これはなんと言えばいいのやら……。
 この作品はNetflixに配信されていますね。メンバーが動物となったショートアニメ『うぇいくあっぷがーるZOO』というのも配信されてまして、そちらのほうが本編よりもおもしろ(ry

>ラブライブ!サンシャイン!!のデビュー曲
>http://www.nicovideo.jp/watch/1441720990
>http://www.nicovideo.jp/watch/1441721109

 曲そのものはμ'sとの差はあまりないかな。
 動いているのを見ると、黒髪パッツンの子が好みかも。
スポンサーサイト

| 未分類 | 23:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT