チームバラエティーなblog

読んでの通りの日記です。WEB拍手の返事はここでします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

レスのみです


 寝ようとするときにブログを書いてなかったとこに気付きました。
 レスのみで…。
 
拍手だよ
↑拍手だよん。ポチってくれると嬉しいんだよ。

拍手レス
>>意外と安くできるようですよ(・∀・)
>\ \丶 i|  /  /
>だがお断りだあああぁぁ!!
>  \ 丶 | / /
>_    /|
>  ̄ rλノ 丶ノし― ̄
>_  ) ハ_ハ ( _
>― ̄( (゚ω゚ ) /―_
>   ) c/  つ(
>  y | | <
>   > Lノヽ) ノ

 なぜだあああああああーーっ!
 なら、ゴーグルをかけて観るタイプがいいんじゃないですかね。映画館で観るような臨場感があるようですし。
 ググッたら、ヘッドマウントディスプレイという名前だと知りました。

>>透け透けじゃないっすか(ごくり)
>別んとこでも見せたら「赤いフレームが透けて見えすぎてるせいで怖い」とか「人体模型みたい」とか言われたでござるの巻。(´・ω・`)

 私はスケルトンタイプは好きですね。ニヤニヤしてしまいます。

>>素晴らしき脇だ。
>……脇!?Σ(゚Д゚)

 0:27にあるワキが素晴らしかったのですよ!

>ダブルオーガンダム セブンソード
>型式番号:GN-0000/7S
>登場作品:機動戦士ガンダム00V
>ソレスタルビーイングの第4世代ガンダム「ダブルオーガンダム」に7本の剣を装備させた状態。これらの剣は刹那・F・セイエイをガンダムマイスターに想定して造られており、彼が以前乗っていた第3世代ガンダム「ガンダムエクシア」が装備していた物を進化させている(ちなみにエクシアの開発時のコードネームも「セブンソード」である)。
>左肩のGNドライヴにマウントされているGNバスターソードⅡは地球連邦軍から奪取したGNバスターソードを解析・改良した武器で、実体剣だけでなくシールドとしても機能する。また正面からの攻撃ならば近くの味方も守れる規模のGNフィールドを展開可能。
>腰にはGNソードⅡロングとショート、GNビームサーベル2本を装備。ロングはダブルオーガンダムのGNソードⅡを長大化してライフルモードの機能を強化しているが、G>N粒子の消費量が増加して連射もしにくくなっている。>ショートは逆に短縮しており、刃の先端は内蔵ワイヤーで飛ばせる。ビームサーベルは通常と同じ物を使用し、刃渡りを調整してビームダガーとしても使えるようになっている。
>脚にはGNカタールを装備し、粒子を熱変換して相手に刃の触れた部分を通して熱移動させる事で切断する仕組みである。この為、理論上は刃の耐久限界以上の熱で攻撃する事も可能。
>ダブルオーガンダムのツインドライヴシステムが不安定だったせいで支援機のオーライザーとの合体が運用上不可欠となった事で、同時使用が不可能なこの装備は開発が中止された。しかし設計時に得られたデータは新武装の開発等に役立てられている。


>ダブルオーガンダム セブンソード/G
>型式番号:GN-0000GNHW/7SG
>登場作品:機動戦士ガンダム00V戦記
>リボンズ・アルマーク率いるイノベイドとの決戦後に用意された機体。イノベイターとなった刹那の専用機「ダブルオークアンタ」完成までの暫定的な専用機である。
>大破したダブルオーガンダムにこれまでに得られたデータからイノベイター用の調整を加え、セブンソードと新武装「GNソードⅡブラスター」を追加している。GNバスターソードⅡにもツインドライヴシステムの安定化装置が組み込まれた。
>GNソードⅡブラスターはイノベイター専用の武器で、最新技術の投入により高い命中精度を持つ。威力と射程もイノベイターと機体のコンディション次第で無限に拡張される。名称こそ「ソード」だが銃の機能に特化しているので剣としては数えられていない。機体名の「セブンソード/G(7本の剣と銃)」もここから来ている。
>動力源のGNドライヴは二つとも戦闘で破壊された為、代わりに他のガンダムから移植したGNドライヴと粒子貯蔵タンク、もしくは粒子貯蔵タンク2基を搭載して動かしている。だが前者はトランザムシステムが使えず、後者はGN粒子の生成ができないので稼働時間に限りがある。そもそもツインドライヴシステム自体が完全稼働していないので性能も十分に発揮できない状態である。
>主に新装備のテストに使われ、偶発的ながら実戦も経験している。この機体から得られたデータはダブルオークアンタの開発にも役立てられた。

 7本の剣を装備してるからセブンソードって、まんまっすな。
 開発者が「七本の剣を装備したガンダム。その名もセブンソードや!」「ブラスター付けてセブンソードGやで!」なんてドヤ顔で言ってる光景が浮かんできて、ちょっとウケました。

スポンサーサイト

| 未分類 | 23:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT