チームバラエティーなblog

読んでの通りの日記です。WEB拍手の返事はここでします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ちょっと秋葉原



 秋葉原を通ったので、ついでに寄り道をする。
 12月に総選挙の演説で来て以来だ。あのときは、時間がなくて、軽くヨドバシを回るだけだった。
 今回は、メイン通りを散策。といっても45分ぐらいしか時間取れなかったので、色々な店の1階を見て回るだけである。それでも、様々なグッズがあるから、見ているだけで面白い。用事がない時に、じっくりと遊びたいものだ。
 ごちウサのチノちゃんの巨大看板が目立っていた。あれ、写真撮っとけば良かったな。
 秋葉原。というよりも、AKIBAというのが相応しい雰囲気になっていた。フィギュア系の店と、メイドさんが随分と増えた印象。
 特に、外人さんの多さよ。白人のおばさんが、萌え絵をデジカメで写真撮っていたのが印象的だった。

 Huluで『らいむいろ戦奇譚』が配信開始したので吹いてしまった。艦これが話題になっているから、これを配信だ! ということなのか。んなわけないか。
 元はあかほりさとる氏が手がけたエロゲーなんすよね、これ。なんで、エロゲ版サクラ大戦という印象しかない。見ても、プレイしてもいないけど。
 エロとアホなノリを期待して、見てみようかな。

拍手だよ
↑拍手だよん。ポチってくれると嬉しいんだよ。

拍手レス
>>もしや、作成者はあなたでは!
>コメントの書き込みはしたけど項目立てたのは僕じゃないです。(´・ω・`)

 言われて、コメント欄という存在があることを知ったw
 ビゾンくんひとりじゃかわいそうなので、バディ・コンプレックスの全キャラの項目立てようぜ!

>>プラグスーツを着た
>折坂氏、それバディ・コンプレックスちゃう、エヴァンゲリオンや!
>アレはただのパイロットスーツです。

 パイロットスーツで良かったのですかw ああいうスーツを見ると、プラグスーツと思ってしまいます。

>>考えると色々と混乱しそうw
>レス読んで思いついた説が「カップリング実験で消えた直後にパイロットスーツを着て戻ってきた雛は、実は完結編で発生した特異点に飛び込んだ時の雛なんじゃね?」というもの。あの後、青葉は高校時代に戻ってったけど、雛はカップリング実験で未来に飛ばされた雛と入れ替わる形で大学時代に戻ってきたんじゃないかと。信憑性?知らん。(`・ω・´)
>完結編ラストで雛が「どこかで会ったことある?」って青葉に聞いてたのと矛盾してる気もしますが、アレは雛が青葉大好きなほむほむ系女子だったからでいいんじゃないかな。(適当)

 私もそのような解釈です。そうなると、体は大学生の雛でなく、高校生の雛に若返っているのかもしれないですね。
 「なにも知らない青葉」「全てを知っている青葉」と並行世界で2人の青葉が存在することになるのが気になっていたり。出逢いのシーンは、知らない青葉は肩がぶつかった、知っている青葉は体当たりと、違っていますし。
 個人的に一番の疑問は、2088年から2014年にやってきた雛(13話の青葉が助けられなかった)は、どうやって青葉の高校に入学したのか? その世界は雛がもう一人存在しているのか? ということだったり……。

>>レジで「こころがぴょんぴょん」と叫ぶ勇気はあるんだな(`・ω・´)
>あるわけないだろ言わせんな恥ずかしい///

 自慢じゃないけど、私もんな勇気はない!

>>劇場で観られるのかな?
>行く予定ではありますが、行けるかどうかは分かんないです。(´・ω・`)

 映画館が遠いと難しいでしょうね。
 そういえば、今日秋葉原駅ホームのエスカレーターを降りる時に、「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」の看板を見つけました。

>>ギャン子はなかった。
>今回は一言しか喋ってなかったような…。

 中の人のギャラが発生した程度か……。

>>あの男はセカイくんをパワーアップさせる踏み台キャラでしかないような気がしていたり。
>そんなこと言ったら、主人公と戦って負けた主要な敵キャラはみんな主人公をパワーアップさせるためだけの踏み台キャラでしかないだろ!(錯乱)

 それもそうだな!(納得した)
 このアニメの欠点は、ストーリーの都合上、大会で主人公たちが負けることはありえないことかもしれないと思いました。

>【悲報】2/24~3/3までGyaO!でグラスリップ全話一挙配信が決定

 なんやて! でもGyaO!か(´・ω・`)
スポンサーサイト

| 未分類 | 23:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT