チームバラエティーなblog

読んでの通りの日記です。WEB拍手の返事はここでします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

時代小説2本。同じ作家


 まだ腰が痛いっす。
 しかも、今日は大雨、強風の中を歩くこととなったから大変であった。

 風野真知雄『妻は、くノ一』の一巻読了。
 実にタイトル通りであり、想像通りな設定の時代小説。ドラマにしやすそうだ、と思ったら、すでにドラマ化されているようだ。
 池波正太郎の剣客商売のような、一話一話の完結式と思いきや、次巻へ続くな構成であった。
 テンポがよく、サクサクと読める。年齢層が違うだけで、これもライトノベルといえるのではないか。
 気軽に読むにちょうど良い娯楽作。285円セールで買いあさった中で、これが一番早くに完走しそうである。

 風野真知雄『大名やくざ』の1巻も読了。
 同じ著者である。幻冬舎時代文庫の1巻無料セール時にポチったもの。個人的には『妻は、くノ一』に劣るかな。
 タイトル通り、やくざが大名になるというストーリー。 主人公の、有馬虎之助は実在の人物であるようだが、ほぼフィクションといっていいだろう。1巻は、彼が大名になるまでを描いている。
 二作読むと、タイトル通りの、軽快なテンポで、期待を外さない娯楽作を作るのが上手い作家のようである。悪く言えば、ありふれた、なのだけどそれでいいのだろう。
 今活躍している時代小説作家といえば、佐伯泰英氏であるけど、私にはちょっと合わなかった(本人が許可してないようで電子書籍になってない)。風野真知雄氏のほうが自分には合っているかもしれない。
 ただ、この手の時代小説を読むと、池波正太郎に似ているかどうかを意識してしまう。良くないことだな。

拍手だよ
↑拍手だよん。ポチってくれると嬉しいんだよ。

拍手レス
>>腰がやられました。痛いっす。
>私も朝起きたら腰が痛くなってる時があります。

 腰をやられると、お年寄りの気持ちが分かりますね。歩くのがほんと辛いです。

>その子です。
>つhttp://www.nicovideo.jp/watch/sm16640779

 この主人公は好きになれない、ということが良く分かりましたw

>問題のシーン
>http://www.nicovideo.jp/watch/sm25251862
 見所は8分25秒ですな!
 演出に、さよなら絶望先生っぽさを感じましたけど、同じシャフトですから当然ですね。


>今期新アニメ「ユリ熊嵐」……わけがわからないよ(困惑)
>まぁでも折坂さんが放送前から「んほおおおおお楽しみしゅぎるのおおおおおビクンビクン」ってなってるだけはあるかなって思いました。(`・ω・´)

 そこまで楽しみにはしていないw
 ニコ動で鑑賞予定ですけど、テレビ録画もしています(`・ω・´)
 『輪るピングドラム』は結構好きなので、それに百合要素全開ということで期待しています。
 そういや、クロスアンジュは、Huluで全話配信しているようです。観るならそっちになるかも。まだ加入してませんが……。
 Huluは、ガンダムSEED、バティコンプレックスも配信していてちょっと驚いたり。アニメは微妙と思っていたのに、気がつけばラインナップが良くなってきている。
スポンサーサイト

| 未分類 | 23:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT