チームバラエティーなblog

読んでの通りの日記です。WEB拍手の返事はここでします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ジョブズを知るには本のほうがいいかも


 映画『スティーブン・ジョブズ』
 ジョブズの伝記映画を作るには早すぎたのではないだろうか。
 ジョブズ役のアシュトン・カッチャーはハマり訳であるが、「ジョブズはこういう男ですよ」と紹介している以上のものになっていない。
 大雑把にジョブズについて教えるけど、彼についての詳しいことは、ウェブや氏の本で調べて下さい、という内容だった。
 Appleはジョブズあっての企業であり、彼の死後のAppleはどうも好きになれない。
 私にとってはiPodあってのAppleだ。
 愛用していたiPod classicは消えてしまい、touchの新型は出る気配もないから、購入意欲が湧かなくなっている。
 iTunesのバグも多くなり、使い勝手が悪化している。いまや購入したアプリを共有できるから、アップル製品を選ぶしかないという状況だ。
 まあ、iPod classicもtouchも、ジョブズが生きていたら、もっと早くに無くしていたような気もするけど。
 SONYのウォークマンのNW-Aは、microSDメモリーカードに対応で192GBまで容量を増やせるから、iPod classicが壊れたら、こっちを買うことになりそう。ただ、値段は4万以上もいってしまうからなあ。壊れるのはまだ先だろうし、その頃にはmicroSDメモリーカード128GBが5000円以下で売られるようになっていることを祈ろう。
 AppleWatchは売れるのかな。スマートフォンが鞄やポケットにあるのに、それよりも使える機能が少ない腕時計を所有する理由が良く分からない。
 なんて色々と思いながら、映画を観ていた。ジョブズに関する本は何冊か読んでいるから理解できたけど、なんとも半端なまとめかただ。評判よくなかったのも良く分かる。ジョブズを知らない人が観たら、「嫌な奴」でしかないのではなかろうか。
 
 『山賊の娘ローニャ』3話観賞。
 初めて山に行きました。恐かったです! でも、たのしーっ!
 だけだった。宮崎吾朗氏のアニメーション作りの練習なのではないかというほど、ストーリーらしきものが存在しない。

 松岡圭祐『万能鑑定士Qの事件簿』全巻セットの1巻を読了。
 1完結ではなく、つづいてしまった。どうやら上下巻構成であるようだ。
 殺人のないミステリー(といっても事件の裏ではかなりの死者がでていそうな……)でありライトノベル寄りのストーリーであるけど、ベテランの作家だけに読みやすさは断トツ。文章につっかえるものはなく、すらすらっと読むことができる。
 作者の知識を堪能できるので、うんちくミステリーとして読むといいかもしれない。ただ、その知識が凄いからこそ、ありえない設定に違和感もあった。フィクションとして楽しむものだから、気にしちゃダメなのだろうけど。
 ワトソンボジションの記者が、情けないし、最初から莉子に下心を持っているし、でどうも好きになれなかった。レビューをみると、いい関係になっていくらしい。
 角川書店なのもあって、角川系の名前が次々と出てくるのには笑った。

拍手だよ
↑拍手だよん。ポチってくれると嬉しいんだよ。

拍手レス
>>俺の嫁ということは、ドジッ子秘書のベイガーちゃんのフィギュアまででるのかー。
>なんでそうなるんですかねぇ…(困惑)
>第3弾はホシノ・フミナちゃんです。

 え? 一番のお気に入りはベイガーちゃんですよね(にっこり)
 フィギュアは、姉ちゃんも来そうな予感。ギャン子もくるかな? あのムッチムチボディーのフィギュアは観てみたいものがある。

>ニコ生でハナヤマタが一挙放送される件。
 情報サンクス。11月9日ですね。観るか分かりませんけど、タイムシフト予約しました。

>これが可能性の獣…。
>http://www.narinari.com/Nd/20141028497.html

 みた途端、魚(ギョッ)っとした! こええよ!

>今週の「セクロス」…イオナさんがぼっちすぎて寂しがってる人のように見えますた。
 溜まりに溜まったあとですると最高ですよ! イオナさんそれまで我慢っす!

>今週の「俺、ツインテールになります。」でテイルブルーさんが登場したけど、世間からの反応が結構冷たくてワラタ
>「雌が雄に発情して何がいけないんですか!」は名言。(確信)

 雌が雌に発情してもいいと思いますよ(ゲス顔)

スポンサーサイト

| 未分類 | 23:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT