チームバラエティーなblog

読んでの通りの日記です。WEB拍手の返事はここでします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

初見だったコマンドー

 映画『コマンドー』
 たまたまつけたらWOWOWで始まる所だったので観賞した。アーノルド・シュワルツェネッガーの初期の代表作。
 観ているはずなのに、まったく覚えてなかった。というか、観たことがなかった。シュワちゃんの映画は全作観賞済みと思っていただけに、ネタとして超有名作であるB級傑作を見てなかったことに驚いた。
 惚れ惚れするほどにムキムキの体付きである。しっかし、若い。『大脱出』で最近のシュワちゃんを観ているだけに、いくら頑張っても若さには勝てないという現実の哀しみを見せられた。
 1980年代バリバリの音楽も素晴らしい。
 そして、内容は、B級アクションの王道をいくストーリーである。お手本といっていいかもしれない。
 シュワちゃんに殆ど演技させず、ろくに喋らせず、肉体だけを見せており、スタッフは非常に良く分かっている。
 WOWOW放送は吹き替えだったのだけど、こっちのほうが言葉のセンスが最高で非常に面白い。吹き替えが話題になっているだけはある。

 『神撃のバハムート』2話観賞。
 ぬるぬる動きまくりで驚いた。劇場並のクオリティーではないか。テレビアニメでここまでアニメーションで魅せるのは非常に珍しい。低予算ヘボ映画と思ったら、CG全開のハリウッド超大作だったというビックリ度だ。
 資金面はどうなっているのだろうか。ソーシャルゲーはそれだけの余裕があるということなのか。
 アーミラちゃんマジ天使。1話でクール系と思いきや、2話で可愛さ全開であった。それでいて、萌えっぽくないのが良い感じ。
 主人公アフロが、そんなアーミラちゃんにデレることなく、いつ殺そうかと企むゲスっぷりなのもとてもいい。この手のルパンタイプな三枚目主人公は最近見かけないから、返って面白くなっている。
 このクオリティーで最終話までいけば、値段次第では、マジでBlu-rayを買ってしまうかもしれん。
 それでも、ゲームのほうはまったく興味が湧かないけど。ソーシャルゲームは大っ嫌いなだけに、滅茶苦茶面白く感じるのは、なんだか悔しいぞ。
 今期は『七つの大罪』が少年向き王道ファンタジー、『神撃のバハムート』は本格派大人向けファンタジー、といい感じかもしれない。と、そういえば『魔弾の王と戦姫』もあったな。こっちも3話までは観賞してみよう。

拍手だよ
↑拍手だよん。ポチってくれると嬉しいんだよ。

拍手レス
>>「ガンダムビルドファイターズトライ」だとフミナちゃんだらけですね。
>ちなみにOPで乳揺れさせるかどうか迷った挙げ句させない方向で行くことになったらしいです。

 子ども向けアニメで、乳揺れさせるか迷ったこと自体が驚きですわw 

>>大丈夫だ、絶対に観る!
>見たくなくても、見ろ!(Gレコ並感)
>ちなみに第1話は無料で配信中です。

 テレビを自由に使える機会が少ないんですyo!
 バンダイチャンネルで1話無料で観れるのは知ってます。でも2話と続けてみたほうが良さそうだと思って止めました。

>今週の「クロスアンジュ」…クズい姫様が失禁されてました。(キチスマ)
>今回新たに死者が…。そしてようやく覚悟完了したみたいです。

 覚悟完了しても、性格は相変わらずであることを祈ろうw

>今週の「セクロス」でもイオナさんは相変わらずクレイジーサイコレズでした。(ニッコリ)
 クレイジーサイコレズでないイオナさんはイオナさんじゃない! 

>今週の「俺、ツインテールになります。」…シャロちゃんが「童貞食いたくてムラムラしてる」とか言っちゃうなんて(驚愕)
>主人公の母親もフリーダムすぎてワロタ
>敵さん今回は出てきて早々にやられちゃうとか(´・ω・`)

 1話まだ観てなかったので、後で観賞します。いい意味で酷そうなので楽しみです。

>セカイ「俺には分かるんだ、このガンプラが叫んでる……『俺はまだ負けてない、負けてなんかない』って!!」
>http://m2.upup.be/buJGf0lO3Z

 トライのガンプラですか。もう、発売されたんですね。
 格闘系なのでスマブラに出られそうなガンプラだw

>スタービルドストライクガンダム
>型式番号:GAT-X105B/ST
>登場作品:ガンダムビルドファイターズ
>イオリ・セイが作ったガンプラ。ユウキ・タツヤのザクアメイジングとのバトルで大破したビルドストライクガンダム フルパッケージを第7回ガンプラバトル選手権世界大会用に改修した機体である。
>コウサカ・チナのベアッガイⅢから得た「ガンダムの設定・世界観に囚われない自由な発想」のもと、プラフスキー粒子の特性を活かした改造が加えられている。
>外見上は脚の一部形状が変化し、背中の「ビルドブースター」が「ユニバースブースター」になっただけだが、本体の内部はかなり大改造がなされており、自作のフレームが組み込まれている。なおユニバースブースターはビルドブースター同様、機体のパワーや機動力を強化するだけでなく、分離して支援機にもなる。
>最大の特徴は3つのオリジナル機能「アブソーブシステム」「ディスチャージシステム」「RGシステム」を搭載したこと。
>アブソーブシステムは敵が発射したビームをシールドで吸収するシステムで、ビーム攻撃にはほぼ無敵。しかし物理攻撃には効かないという欠点がある。
ディスチャージシステムは蓄積した粒子を外部へ開放するシステムで、スピードやビームライフルの威力を跳ね上げられる。
>RGシステムは内部のフレームに粒子を浸透させてパワーを引き上げるシステムである。
>これらを駆使することで世界大会における様々なバトルフィールドや競技でその性能を遺憾なく発揮できるようになっている。
>ファイターはレイジで、予選の第1ピリオドからその性能を見せつけて世界中のビルダー・ファイター達を驚愕させた。
>その後は機体の特性を把握されるなどして苦戦を強いられるも、並み居る強豪達を退けて優勝を果たした。
>巨大アリスタの暴走阻止にも活躍し、最後のバトルでメイジン・カワグチのガンダムアメイジングエクシアと対決、あと一歩のところまで追い詰めたが、粒子が完全に消失して動かなくなったために決着はつかなかった。
>なお、第8回大会ではこの機体を改造したと思われる「ビルドストライクガンダムコスモス」が登場している。

 アニメを見た時は、外見上はどれも同じガンダムみたいに思っていましたけど、その中身は随分と違うんですね。
スポンサーサイト

| 未分類 | 23:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT