チームバラエティーなblog

読んでの通りの日記です。WEB拍手の返事はここでします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

祭にのってポチポチしたぜ

 10月01日に入ったAmazonのKindleのページ。角川が安くなっていた。それは予告されていたのですでに知っていた。半額なので、ほしいものリストにいれていたものをポチろうと考えていた。
 京極夏彦の『数えずの井戸』が285円。
 これは元は800円以上しているからすごいお得だ。
 『作家の履歴書 21人の人気作家が語るプロになるための方法』も285円。
 80%オフになっているからなんかおかしいと思った。半額なら悩んだけど、この価格なので直ぐにポチる。他にも、『落語名作200席』の上下が285円なのでポチる。
 なんか単行本が285円になっている。
 つーか、500円以上する角川本の殆どが285円になってはいないか?
 そしたら
 【全巻セット】スレイヤーズ 全15巻セット〈豪華特典版〉
 が285円になっているのを発見しびっくらこいた。
 これたしか、5000円以上していたような……。
 しかも、全35巻セットの、
 【全巻セット】スレイヤーズすぺしゃる+すまっしゅ。
 までもが285円。
 他にも全巻セットが色々と285円になっているではないか。
 なんだこれは。物によっては、角川70%OFFのときよりも安くなっている。
 次々とポチってしまった。

【全巻セット】スレイヤーズ 全15巻セット
【全巻セット】スレイヤーズすぺしゃる+すまっしゅ。 全35巻セット
【全巻セット】スクラップド・プリンセス+サプリメント 全18巻セット
【全巻セット】生徒会の一存+新生徒会の一存 全12巻セット
【全巻セット】魔法戦士リウイ 全21巻セット
【全巻セット】マテリアルゴースト 全6巻セット
【全巻セット】黄昏色の詠使い 全10巻セット
【全巻セット】伝説の勇者の伝説 全11巻セット
【全巻セット】機動警察パトレイバー 全5巻セット
ばいばい、アース 全4冊合本版
妻は、くノ一 全10冊合本版
流想十郎蝴蝶剣 全7冊合本版
魔女の宅急便 6巻セット
狂乱家族日記 コンプリートBOX
狂乱家族日記番外 コンプリートBOX
万能鑑定士Q:全事件簿


 全部で196冊!
 まともに買ったなら5万円を超えていただろう。それを10分の1ほどで手に入ってしまった。
 うわはははは、なんだこれ。5000円以上あったギフト券の残額があっという間にゼロである。これが紙だったら、置き場所に困っていたことだろう。というか、邪魔になるから絶対に買わなかった。
 場所とらないから別にいっか、とポチポチってしまう電子書籍の恐ろしさよ。
 GOSICK全9巻も285円になっていたけど、1巻読んでるから、もういいや、と思いポチらなかった。ただ、買っていたら読んでいたかもしれない。
 『BLACK BLOOD BROTHERS』は全巻セットがあっても285円にならなかったのが残念だが、まあ贅沢は言えないか。
 見た感じ、古い作品を285円にしたのかもしれない。
 起きた時は、値段が予定通りの半額となっていたので、値段の表記ミス?と思ったけど、現在のアマゾンランキングで全巻セットが上位に入っていることから、深夜という人が少ない時間帯に破格のセールをして、注目させる戦略だったのかもしれない。
 けっこう、本日のセール品が、セールが終わったのにかかわずらランキングに入っていることがある。そういうのを狙ったのだろうか。
 こっちは得をしたものの……読むのかどうかを考えると損しているような気もする。
 むしろ、『刑事マルティン・ベック』『三秒間の死角 上下合本版』海外小説や、直木賞受賞した『破門』、『遺譜 浅見光彦最後の事件』も285円だったし、確実に読むこっちを買っておけば良かったか。


拍手だよ
↑拍手だよん。ポチってくれると嬉しいんだよ。

拍手レス
>>Kindleで角川書店が半額セール
>(「ガンダムUC」も買ったのかな…?)

 あ、うん、ごめん。ほしいものリストにはいれてあったけど買う余裕がなかったです。
全巻セットがあったら迷うことなくポチッたと思いますw

>>20話のガンダムモノマネひでえw
>作画までわざわざ似せるとか気合い入れすぎクソワロタ

 あのシーンは、以前に紹介してくれましたね。セイがガンダムバカなのが分かる良いシーンであると思いますw
 ビルドファイターズのキャラクターにとって、他シリーズのガンダムは、アニメなどの架空のものという認識なんでしょうかね? セイはアニメとしてガンダム観たのだろうか? とモノマネを見ながら考えてしまいました。
 逆にレイジは、ガンダムが実在する世界の住民なのではないかと、勝手に思っていますけど。

>>感動系なんですか、あらすじを読んで泣けるようなものに思えなかったですw
>メインヒロインルートの終盤は涙腺崩壊しっぱなしですた。(´;ω;`)ブワッ

 いいシナリオなんですね。個人的、元エロゲのアニメは、ヒロインルートを順番に処理していくから、半端なものになる印象があったりw

>>発売日は10月になっていますけど、延期しまくりなんですかw
>6月→8月→10月と延期しまくりです。次は12月かな?(白目)

 結構延びるものなんですね。フィギュアは、良さそうなのを見つけても、発売日が一年後だったりするので、予約しづらいところがあります。

>『ビルトファイターズトライ』のサイトをみたら、こちらのガンプラも10月から発売するんですね。
>とりあえずビルドバーニングガンダムは既に注文しました。(`・ω・´)

 さすがだw  個人的、ウイニングガンダムが気になります。安いし。
 サイトをみて気付いたのですけど、続編の主人公は、前作のヒロインの弟なんですね。というか、サザキススムくんの妹もでるのか……。

>>2期でなく、前編後編というのは珍しいですね。
>本来は二期をやる予定だったと思われますが、円盤が売れなかったのでこんな結果に…面白いのに(´・ω・`)
>完結編後編も結構評判いいみたいで。まさか前後編の合計一時間足らずでああも綺麗に終わらせてみせるとは、パネェ

 うわぁ、それは悲しい。2話しか使えないからこそ、全力疾走して最高の作品となったのかも。


>ビルドストライクガンダム
>型式番号:GAT-X105B
>登場作品:ガンダムビルドファイターズ
>イオリ・セイが作ったガンプラ。「機動戦士ガンダムSEED」の前半主人公機である「ストライクガンダム」をベースとし、彼の持つ高い技術力を存分に活かして改造している。
>機動力の強化が主なコンセプトで、両肩に大型スラスターを2基増設して横への機動力を追加することで敵の攻撃を避けやすくしている。他にも頭部にバルカン砲を2門増設して弾幕を張りやすくしたり、腰に格納されていたナイフをビームサーベルに変更して格闘戦能力を安定化させたりしている。
>他の部分はストライクガンダムとあまり変わっていないように見えるが、実際はあちこちにセイのオリジナル改造が施されている。
現時点では背中に装備するバックパックや武装のいくつかは製作されておらず未完成状態だが、>それでもかなりの高性能機である。乗りこなすにはファイターとしての高い技量が要求され、この状態でも並みの相手なら一蹴できる。
>当初はセイが操縦してサザキ・ススムのギャンとバトルしたが使いこなせず、現れたレイジが代わりに操縦して圧倒し勝利を収めている。
>模型部とのバトルでも勝利したが、乱入してきたユウキ・タツヤのザクアメイジングの前に敗北した。

>ビルドストライクガンダム フルパッケージ
>型式番号:GAT-X105B/FP
>ビルドストライクガンダムの完成版で、背中にビルドブースター、手には武器を追加している。
>ビルドブースターは「機動戦士ガンダムSEED DESTINY HDリマスター」に登場するバックパック「オオトリ」をベースとしており、装備されていた武器の大半を撤去した代わりに機動力特化の改造を行っている。ガンダムと合体することで出力を160%以上に引き上げ、空中での姿勢制御能力もアップさせている。さらに分離時は本体と連携行動が可能となり、本体が撃破された場合でもブースターさえ残っていればルール上バトルが続行できる。
>武器は出力を変更できるビームライフルやハイパーメガランチャー級の威力を持つ強化ビームライフル、取り回しが良い小型のビームガン、プラ板を何枚も積層させたチョバムシールドを装備。ビルドブースターにもビームキャノンが装備されている。
>操縦難度は以前より上がったが、セイはレイジの技量を信頼して特に対策などはとっていない。
>ガンプラバトル選手権の地区予選で初めて使用され、対戦相手のハンブラビを一蹴した。その後もキララやサザキを相手にして勝利したが、決勝前の非公式バトルでザクアメイジングと激動を繰り広げた結果、敗北して大破した。

 ごめんなさい。29日にも説明してくれてましたね。
 感想を書いて、ブログに公開したはずなんですけど、なぜか反映されてなかったです。そのことに今気付きました。申し訳ない。
 SEEDのガンダムをベースにして自己流にアレンジしているんですね。アニメを観ているから、ああ、このガンプラか、と良く分かりましたw
スポンサーサイト

| 未分類 | 23:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT