チームバラエティーなblog

読んでの通りの日記です。WEB拍手の返事はここでします。

2017年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ズール戦争

 映画『ズール戦争』
 1964年のイギリス映画。Netflixに配信されたことでこの戦争映画の存在を知った。
 南アフリカの民族ズールー人と、植民地化しようと企むイギリスとの史実に基づく戦争映画。
 ズールー人4000人VSイギリス軍100人の戦い。
 という圧倒的に不利な状況であるけど、ズールー人の武器は盾と槍といったショボイもので、イギリス軍は鉄砲である。
 数の暴力という状況とはいえ、ほぼ丸裸のズールー人を相手に、銃を乱射して勝利を収める光景は、凄惨なものがあった。
 イギリス軍が正義でズールー軍が悪、と差別的に描かれていない。
 反戦的なメッセージもない。
 淡々としている。
 戦闘シーンのスペクタクルは今みても凄まじい。CGのない時代でこれほどのものがあったとは驚かされた。
 ちなみにおっぱい祭でもあるけど、それ目当てで見ても、嬉しくはなかったり。



 本日のサーモンラン。
 ダイナモを使いたいのに、スペシャルがジェットパックの連続で「またかよ!」と叫んでしまった。
 ちなみにサーモンランはスペシャルによって、支給されないブキが分かるようになっている。ジェットパックだとダイナモはこない。
 ダイナモは、動きは遅く、インク消費は激しい。
 その分攻撃力が非常に高い横綱力士のようなブキだ。
 このブキがきたら、一人で遠くに行ってはいけない。タワー処理なんて浮き輪になるのがオチだ。コンテナ周辺にいて、コロコロとどすこいを潰していくのが丁度いい。
 ちなみに、ローラーを下ろしたまま身動きしないと、インクを回復することができる。
 今回は、ダイナモを使える人かどうかで、難易度が変わる感じがした。
 ダムのヒカリバエは、分かっている人なら、ダイナモ一人でクリアできるレベルである。なにしろ、高台の坂のコンテナ横で突っ立っているだけで良いのだから。
 今日はヒカリバエが来なかった。そもそもダイナモ率も低かった。残念だ。

拍手だよ
↑拍手だよん。ポチってくれると嬉しいんだよ。


拍手レス
>>おめルビィ。
>https://pbs.twimg.com/media/DKNFVQ_V4AEItIl.jpg

 ほれほれ舐めたら間接キスだぞ~。

>たしか、前世は妹だったピンク髪少女が嫁宣言してくる長々とした呪文を唱えるアニメでしたっけ?
>メインヒロインが主人公の妹から「メス豚」「あと足太いですよ」「家畜・ブーミリオン」とか言われちゃったり、その妹が兄にベロチューした挙句「口づけは親愛の証で挨拶みたいなもの。今の私達には夜のまぐわいすらただの挨拶」とか言っちゃったりするアニメです。あと戦闘シーンが超クオリティ。

 やっぱり『聖剣使いの禁呪詠唱』と変わらないような気がしてきたw

>『聖剣使いの禁呪詠唱』だった。
>思い…出した!綴るッ!

 別に思い出さなくていいです。

>梨子ちゃんしゅきぃ…(アヘ顔)
>https://twitter.com/muromuromurota/status/910760027891183617

 ほのかな色気がたまりませんな。

>土曜日の19:00からガンダムファンクラブでガンダム界にとって重大な出来事とやらが発表されるらしい件。

 初代リメイクとか,富野監督の完全新作、ハリウッド実写化とかですかね。


スポンサーサイト

| 未分類 | 23:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |