チームバラエティーなblog

読んでの通りの日記です。WEB拍手の返事はここでします。

2017年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ハヤカワの海外ミステリー(半額)


 ハヤカワの海外ミステリー小説が半額。
 残念ながら全品ではないものの、ほしいものリストに入れていた何冊もの本が対象になっている。
 
 ウイリアム・アイリッシュ(コーネル・ウールリッチ)の『幻の女(新訳版)』『喪服のランデヴー』
 カーの『コナン・ドイル』『ハイチムニー荘の醜聞』『囁く影』
 『ジャック・リッチーのびっくりパレード』

 を購入。

 できれば、セール対象になっているカー、ウールリッチのを全部買ってしまいたい。引っ越しの際に処分してしまったのを、電子書籍で買い戻したくなってくる。素晴らしいことに、創元推理文庫以外のはほぼ揃うのである。
 まあ、コレクションとしてはいいが「いつ読むの?」「いつか!」となってしまう。
 カーは未読なの、ウールリッチは新訳版とお気に入りの一冊を選んだ。
 『喪服のランデヴー』は自分の人生で読んだ中でベスト5内に入れるほど好きな本だ。
 カーは、この三冊が未読。『コナン・ドイル』のは図書館で発見してズッと気になっていたものだ。
 せっかく揃えたのに引っ越しの際に処分してしまったリストを見たら、他には『引き潮の魔女』『バトラー弁護に立つ』が未読であった。まあ、カーは50冊近く読んではいるけど、内容については記憶から消えかけてしまっている。『ビロードの悪魔』なんて、ラノベ的冒険小説な面白さぐらいしか覚えていない。再読してみるかな。覚えているのは、私のベスト推理小説ナンバー1である『皇帝のかぎ煙草入れ』ぐらいだ。
 カーはできるかぎり全部読むと決めていた時期があったことだし、セール期間までに残りのも買おうかなあ。
 ウールリッチとカーは、学生時代に古本屋で探し回って苦労して手に入れていたものだ。
 それが電子書籍で手軽に買えてしまう。素晴らしい時代である。
 カーは新訳の『火刑法廷』が対象外なのが解せぬ。ただ、レビューを見ると、新訳は賛否あるようだ。
 ハヤカワはさっさと、ロス・マクドナルド、ロバート・パーカーの電子書籍化をしてほしい。

拍手だよ
↑拍手だよん。ポチってくれると嬉しいんだよ。


拍手レス
>>セブンイレブンに出掛けたけど、ヨハネさまのクリアファイルはなかったです! 残念!
>魅力を感じない絵柄(ゲットしに行かないとは言ってない)

 まあ、セブンイレブンは家から5分以内のところに2件ありますからね。行けば、探しますわ。

>(本当に小学生の女の子かと思い、にこちゃんだと気付くのに時間がかかったとは言えないなあ)
>??「もうやめなさいよ!にこちゃんが可哀想デッショー?」

 お母さんとその娘に見えて、実は同級生って最高じゃないっすか。

>マリーリンモンロー。
>http://kotori-plus.com/wp-content/uploads/2017/09/xd65E6T-1.jpg

 Aqours1のセックスシンボル。

>>かわるずら。
>花丸「嫌ずら」

 そういうなずら。

>ルビィちゃん
>http://kotori-plus.com/wp-content/uploads/2017/09/CoD28_5UAAEzlQ4.jpg

 ツインテールをお団子にしたらあっかりーん。

>∫∫( c||^ヮ^||早く結婚した方がいいんじゃないかなん?
>http://kotori-plus.com/wp-content/uploads/2017/09/2Q2JPcA.jpg

「果南の」
「おっぱいは」
「「わたしのもの!」」
 の火花が散った笑顔ですな。


スポンサーサイト

| 未分類 | 23:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |